スポンサードリンク

最近、lotやAI、VRなど見慣れない英文字が並んでいることが増えた気がします。

気づけばスマホが当たり前になったように、スイカが電車以外でも色々な場所で使えるようになったように、

もう10年もしないうちに新しい世界になっているんでしょうね。

 

そんな中でも身近で一般的にも触れる機会があるPSVRを体験してきて即購入を決めました!

 

PSVRとは?

17196336a11f0b6ef82a40d5778d1ef1_s
PSVRは正式名称を「PlayStation VR(プレイステーション ヴイアール)」と言い、VRはバーチャルリアリティのことを指します。
ゴーグルのような専用のヘッドセットとヘッドフォンを装着することで、誰もがバーチャルリアリティの世界を体感することができ、360度どこを見渡しても映像が広がっているため、従来のゲームとは比べものにならないほどリアルな仮想現実を体験することが可能になりました。
2016年の10月にSONYから発売されたこの「PlayStation VR」は私たちが未来に思い描いていた仮想現実という世界をより身近ものとする技術であり、その衝撃とともに世界中のゲーマーの話題を席巻しています。
またゲームだけでなく動画コンテンツにも対応しており、VRアニメーションや「You Tube」の360度動画も視聴することも可能です。
映画などの映像コンテンツにおいては「シネマティックモード」が搭載されており、専用のヘッドセットがあることでテレビ画面の大きさなどを気にすることなく、常に映画館のような大きな画面で映画を楽しむことができます。
ヘッドセットの装着により画面以外のものが視界から消えるため、映像に集中できることも大きなメリットといえます。

予約や次回入荷情報&予想

なかなか手に入らなそうなので調べてみました。

2016年10月に発売された「PlayStation VR」は、発売と同時に売り切れる店が続出し、その後も順次再販が行われているものの、現在でも品薄状態が続いています。

PSVRを手に入れるためには実店舗に直接出向くか、ネットショッピングでの予約購入をする方法がありますが、実店舗での販売はほとんどが先着順や抽選での販売になるため、開店前から並ばなければ入手できない状況です。

スポンサードリンク

ネットショッピングの場合は「ソニーストア」をはじめいくつかのサイトから購入することが可能ですが、予約開始時間と同時にサイトに繋がりにくくなり、そのまま予約分が完売するという事態が続いています。

ネットショップの場合は実際に並ぶよりも楽に手に入りますが、考えることはみな同じということでそのぶん狙っている人がたくさんいるため、手に入れるためには正確な情報をいかに多く仕入れるかということに加えて運の要素も重要になります。

ただし発売当初に比べれば人気の過熱が落ち着きはじめ、転売目的で購入する人の数も減少傾向にあるため、再販されるごとに購入しやすくなっていくと考えられます。
再販は現在のところ毎月行われているので、次回の入荷日は4月の中旬から下旬にかけてではないかと予想されます。

 

 

気になるソフトや価格帯ってどうなの?

「PlayStation VR」の価格はメーカー希望小売価格で「44,980円+税」となっています。

ただしPSVRをプレイするためには「PlayStation camera」も必要になるため、PSVRとPlayStation cameraの同梱版を購入する場合にはメーカー希望小売価格「49,980円+税」となります。

また当然ですがPS4がなければプレイすることはできないため、まだ持っていないという方は同時にPS4 も購入する必要があります。

PSVR対応のソフトも次々と発売されており、仮想現実空間のリアリティを生かした「PlayStationVR WORLDS」というソフトは海の中に潜ったり、ギャングと銃撃戦を繰り広げたり、宇宙船を操作したりと内容の違う5作品を遊ぶことができ、初めてVRを体験するという人にはおすすめの1本です。

ほかにも人気タイトルである「バイオハザード7」や「ファイナルファンタジー XV」などが発売され注目を集めており、今後も「鉄拳7」や「エースコンバット7」などの発売も予定されています。

360度の仮想現実世界でゲームはどこまで進化しどこまでリアルな体験ができるのか、楽しみは広がるばかりです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを書く







コメント内容


商品一覧