スポンサードリンク

外で仕事をするときや、大事なデータが外出先で必要なときはどうしていますか。

ポータブルHDDやUSBメモリを使って書類を持ち運ぶというのが一般的でした。

しかし現在ではDropboxというクラウドサービスがあって、重たいHDDや小さくて無くしやすいUSBメモリを持ち運ぶ必要が無いのです。

 

 

Dropboxとは?

 

そのDropboxを使えば、ファイルを簡単に共有することが可能です。

例えば自宅のデスクトップで文書を書いているとします。

文書を書き終えなくてもDropboxにアップロードして保存すると、外出先からノートパソコンを使ってその文書にアクセスすることが可能なのです。

もちろんスマホやタブレットからDropboxにアクセスして文書を編集することができます。

 

このDropboxは会員登録を行うだけで、2GBの無料ストレージを獲得することができます。

いつでもどこでも2GBのHDDを持ち歩いているイメージですね。

 

また月1,200円を支払うと、1TBのストレージを使うことのできるプランもあります。

こちらはビジネスや大量に動画や画像などをアップロードしたい人向けなので、ちょっとした個人利用の場合なら無料の2GBのプランで充分です。

もちろん、他人とファイルを共有するときも、リンクやメールで送るだけでとても楽です。とても便利ですよ。

 

 

登録方法やログインの仕方について。

Dropboxの会員登録も簡単です。

とても難しい本人確認など煩わしい手続きの必要も一切必要ありません。

それでは詳しく見ていきましょう。

 

まずDropboxのウェブサイトにアクセスすると名前を入力する欄とメールアドレス、パスワードを入力する欄があります。

ここから必要事項を記入して進めていき、メールの認証を行えばすぐに使えるようになります。

 

PCをお使いの場合はDropboxのソフトウェアのダウンロードをすることをおすすめします。

Dropboxのソフトウェアをダウンロードすると、PC内にあるDropboxフォルダを自動的に同期してくれるので、わざわざファイルをアップロードする必要がありません。

コンピュータを立ち上げたら自動で同期が始まり、常に最新の状態に保ってくれます。

またログインに関してはこのソフトウェアをダウンロードしなくてもDropboxのトップページからメールアドレスとパスワードを入力するとすぐに使えるようになります。

 

ログイン状態を保持して置くこともできるので非常に楽で、1回1回ログインする必要もなく、すぐに自分のストレージにアクセスすることができます。

 

 

 

写真の共有、使い方はこれでわかる!

写真を共有するためには写真をアップロードすることが必要不可欠です。

 

Dropboxのソフトウェア、スマートフォン向けのアプリを利用すると撮りためた写真を自動でアップロードしてくれます。

スポンサードリンク

手作業で写真をDropboxにアップロードする必要なく、とても楽ですがデータ使用量に注意する必要があります。

 

一番使う場面が多いスマートフォンのアプリでは、共有したい写真をDropboxで表示させて、そこからshareボタンをタップします。

それでリンクが作成され、これをTwitterやFacebookに貼るだけで多くの人に共有することが可能です。

 

同様の方法で写真だけではなく、文書や動画といった大型のファイルまで共有することができます。

よく使うファイルに関してはオフラインで使うようにしていると、ファイルを毎回ダウンロードやストリーミングで開く必要がなく、データ通信量の節約になります。

 

基本的な使い方はそれぐらいなので慣れてしまえば、Dropboxを簡単に使いこなせます。

ノートパソコンやスマホ、タブレットなどマルチデバイスを所持している人は、端末ごとに操作方法が違うので戸惑うこともありますが、

Dropboxはどの端末でもほとんど似た操作方法なので困ることがありませんので、ぜひとも使ってみてください。

ビジネス活用でより詳しく知りたい人におすすめな1冊!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

誰でもできる!Dropbox Business導入ガイド [ 井上 健語 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2017/7/12時点)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを書く







コメント内容


商品一覧