スポンサードリンク

 

昔からパソコンを使っている世代なら「@nifty」は一度は見たことがあるかと思います。

 

様々な事業を展開している中でも「ニフティクラウド」は、

ニフティ株式会社が提供するパブリック型クラウドコンピューティングサービスでサービス提供開始以来、1,000社以上の導入実績があります。

 

 

 

ニフティのクラウドサービスが凄い!

 

オールフラッシュのハイメモリを搭載した高性能サーバーや高性能ストレージなどの大容量の高速ネットワークを提供していてクラウドサービスの中でサーバの性能は圧倒的に良いものです。

 

ネットワーク転送料金はIn/Out合計10TB/月まで無料で、障害やメンテナンスの情報を「障害お知らせ通知」で指定のメールアドレスへ通知したり、電話対応は24時間年中無休です。月間のサーバー稼働率99.99%以上が保証されています。

データ保全性も高くRAID6相当で冗長化された構成のディスクで管理され、共有環境の中でユーザー同士の高負荷影響を極小化する高負荷への対策も取られています。

 

セキュリティは堅牢で厳重な対策が施されていて、国内に東日本、西日本の2つ、北米リージョンにデータセンターがあります。

コントロールパネルは直感的で使いやすくなっており、リソースの管理だけではなく、基本的な監視の設定、料金の確認なども行うこともできます。

5分でサーバーが準備できるなど、オンデマンド性も高くなっています。

 

 

ニフティメール、登録&解約について!

niftyメールは@nifty接続サービスを申し込んでいる場合、「nifty.com」のメールアドレスが利用できます。

@niftyのメールサービスのみを利用する場合、接続サービスで@nifty基本料金を申し込み@niftyメールを利用するか、無料の@nifty IDで決済方法を登録しセカンドメールの申し込みを行います。

 

セカンドメールの場合、メールアドレスは「@mb*.nifty.com」となります。

niftyメールの場合料金は@nifty基本料金のほかに月額 250円(税抜)、セカンドメールの場合は月額 200円(税抜)です。

 

メールの保存容量は、それぞれniftyメールが5GB、セカンドメールが10GBです。

スポンサードリンク

保存期間は無制限で、メールソフトを設定して利用するほか、Webメールなら、ネット接続したパソコンがあればいつでもメールチェックができます。

 

またケータイ版Webメールなら携帯電話からもniftyメールの送受信ができます。

登録・解約はともにniftyのサイトから行えますが、サービスの停止には解除と解約があります。

解除は、光ファイバーやADSLなどの常時接続コースやコンテンツのみを停止する手続きで、解約とは、すべての利用を停止する手続きです。

 

 

ニフティ光で快適なネット環境を!

nifty光のサービスは、NTT東日本と西日本が提供している光回線(フレッツ 光ネクスト)を利用した上り下り最大1Gbpsの光接続サービスで、提供エリアはほぼ全国です。

フレッツ光と同じ回線を使用しているのでNTT東日本、西日本と提供エリアや回線品質も変わらず、プロバイダーも光回線もniftyでまとめて契約でき、料金支払もまとめられて便利です。

 

またフレッツ光回線を現在利用していれば、乗り換え手続きのみで工事は不要です。
タイプは2種類あり、一戸建て向けのホームタイプと集合住宅向けのマンションタイプがあり、月額料金はそれぞれ5,200円と3,980円ですが、新規申し込みから24か月間はホームタイプが4,500円、マンションタイプが3,400円となります。

 

またau携帯、スマートフォンなどを利用していれば、最大月額1,200円の割引となる、@nifty光×auセット割のサービスがあります。

 

キャッシュバックキャンペーン中に新規申し込みをすると、最大現金で20,000円のキャッシュバックが受けられます。

キャンペーンには申し込みフォームから新規契約して、申し込み後に送られてくるキャッシュバックキャンペーン申請フォームの受付期間中に申請しましょう。

 

@niftyのWiMAXのキャンペーンはこちらから!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを書く







コメント内容


商品一覧