国内、海外問わず飛行機に東京から乗るときには、羽田空港か成田空港を利用しますよね。

 

行き方も電車からバスや車など様々です。

また、ターミナル内も広くて、第一、第二、国際など迷ってしまうことも。

 

 

ターミナルについてこれでわかる!

羽田空港は3つのターミナルで構成されています。

 

第1ターミナルは、日本航空、日本トラスンオーシャン航空、スカイマーク、スターフライヤーの北九州行が就航しています。

 

第2ターミナルは、全日空、エア・ドゥ、ソラシドエアー、スターフライヤーの福岡・山口・関西行が就航しています。

 

最後に、国際線ターミナルですが約40の航空会社が世界各地へ就航をしています。

 

各ターミナルはそれぞれ別々の建物となっていますので、移動をする際には各ターミナル間を走る無料の連絡バスを利用ください。

連絡バスは4分間隔で運行し、3つのターミナルを1周するのに約20分ほどかかります。

 

また第1、第2ターミナルには駐車場4つあります。

第1ターミナルを利用する場合であれば、P1・2、第2ターミナルを利用するのであれば、P3・4を利用するのが便利です。

国際線ターミナルの場合は、併設の駐車場は1つです。

 

羽田空港は利用する航空会社別に使用するターミナルが異なります。

ターミナルを間違えると移動にも一苦労となりますので、利用の際はしっかりと事前にどのターミナルを利用するか確認の上ご利用ください。

また駐車場もGWのピーク時期は長蛇の列となっていますので、事前予約などを行い飛行機に乗り遅れないようにご注意ください。

 

 

リムジンバスや空港までの行き方♪

羽田空港へは様々なアクセス方法があります。

 

・東京モノレール
JR浜松町駅から直通で空港まで向かうことができます。

浜松町から乗車すると、国際線、第1、第2ターミナルの順番に到着し所要時間は快速列車を利用の場合、13~19分ほどとなります。料金は、490円です。

 

・京急線
JR品川駅から直通で空港まで向かうことができます。

品川駅から乗車すると、国際線、国内線ターミナルの順に到着します。京急の場合、国内線のターミナルは共用の駅となります。

エアポート快特を利用で約15分ほどで到着します。料金は、650円です。

スポンサードリンク

品川駅の他に東京駅からも乗車可能ですので、地方都市から空港へ向かう方にお勧めの路線となります。

 

・バスを利用の場合
バスを利用の場合、空港リムジンバスの利用が便利です。

東京都内の主要ホテルや主要駅、千葉・埼玉・群馬など近隣の県からも運航しており、空港までアクセス可能です。

都内からは概ね1時間程度で到着いたします。料金は、約1000円です。

各ターミナルの出発ロビーの目の前に到着しますので、移動も少なく大型の荷物があるときも楽々です。

また多くの方に人気のディズニーリゾートですがこちらもバス1本でアクセス可能です。

 

 

早く着いても楽しめる施設がいっぱい!

羽田空港には、航空会社のラウンジの他に誰でも利用可能な空港が運営するラウンジがあります。

国内線の場合、第1・第2ターミナル内に各3か所あります。

 

ラウンジではゆったりとしたソファーでくつろげる他、PCやスマートフォンが使用できるコンセントを完備しています。

またソフトドリンクやコーヒーが飲み放題となっています。

料金は、大人一人1080円で利用可能です。

一部ゴールドカード会員などは無料で利用できるサービスもありますのでお手持ちのカードが該当していないか利用前にご確認をいただければと思います。

 

次に館内のお土産店などですが、国内線ターミナルにはともに多数のお土産屋さんが軒を連ねています。

いつ行っても新しい商品が販売され、東京バナナなど定番商品の羽田空港限定版があったりなどここでしか買えないお土産も多数あります。

 

また国際線ターミナルでは、江戸小路と呼ばれる江戸時代の街並みを再現したエリアがあり、日本の伝統工芸品や和菓子などを販売しています。

訪れる外国人向けに、日本の人気キャラクター『キティーちゃんショップ』もあり和服姿の人形なども購入かのうです。

その他江戸小路全体はテーマパークのような作りとなっていますので、写真スポットとしても人気のエリアとなっていますので何も買わなくてもお楽しみいただけるかともいます。

 

 

出発ぎりぎりまでペットと一緒にいたい人におすすめなホテルはこちら!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを書く







コメント内容


商品一覧