スポンサードリンク

 

旅行にはかかせないスーツケース。

デザインはもちろん、大きさや機能性など、たくさんのメーカーが出していて迷ってしまします、、、

 

その中で人気のあるスーツケースをいくつかご紹介します。

 

 

人気のおすすめスーツケース!

 

 

まずはドイツ老舗のRIMOWA(リモワ)から

クラシカルな雰囲気を醸し出すアルミニウム製ハードケースやハイテク駆使のボリカーボネイド製があり優れた耐久性、防水性を誇っています。

 

その中でも人気があるのはやはりアルミニウム製のトパーズです。

平行線のグルーヴを刻み込んだデザインで使えば使うほど味が出てきます。

全方向に自由自在に動かせるホイールも魅力ですね。

 

GLOBE-TROTTER(グローブトロッター)

こちらはイギリスのブランドで創業当時からハンドメイドで作られています。

「ヴァルカン・ファイバー」という、特殊紙を何層にも重ねてコーティングした素材でできており、

ボディやコーナー、ベルトの色、錠前などのパーツを自分で選ぶことができ、世界に一つ、自分だけのスーツケースを手に入れることができます。

 

FREQUENTER(フリクエンター)

こちらは日本の老舗鞄メーカーであるエンドー鞄のスーツケースブランドです。

医療用に開発された特殊キャスターを採用し従来のスーツケースと比べると移動時の音や振動が抑えられています。

そしてなんといってもスーツケースで壊れやすいキャスター部分を簡単に交換することが出来るのが魅力です。

 

EVERWIN(エヴァイン)

こちらも日本のバッグメーカー山一インターナショナルのスーツケースブランドです。

デザインにこれといった特徴があるわけではないですが、軽量で取り回しもスムーズにでき、価格などを見ても平均的に優れているのではないでしょうか。

 

 

スーツケースのレンタルもあるの?

a59f4cb6fa44a098c5acaddbb5698d24_s

最近は携帯電話などと同様にスーツケースのレンタルサービスも多くあります。

旅行のためにスーツケースを買っても次使わないかもしれないし、場所も取るしどうしようと思っている方もいらっしゃると思います。

色々な会社がレンタルサービスを行っていて、インターネットで申し込むだけでお好みのサイズのスーツケースが簡単にレンタルできます。

毎回違ったスーツケースでお洒落をするのも楽しいかもしれません。

 

ここではいくつかレンタルサービルを取り扱っている会社をご紹介します。

 

マイレンタル

スーツケースメーカー直営のレンタルサービスの会社です。

配送のための予備期間を設けており、利用開始日の3日前にお届け、利用終了日の2日後に回収となっています。

料金もサイズによりますがSS(機内持ち込み可能)サイズからLサイズ迄そろっており

スポンサードリンク

2日で2200円~、1日延びる毎に200~300円プラスとなっています。

万が一レンタル中に壊れてしまってもご自分の不注意による破損、紛失でなければ修理代もかかりません。

 

R&Y RENTAL(アールワイレンタル)

こちらはいろいろなメーカーのスーツケースを用途に応じて選ぶことが出来ます。

お届け日から発送日までのレンタル料金が掛かります。

取り扱いは31Lスーツケース(1~3泊程)から100L(10泊以上)より大きいものまで揃っています。

お値段は2日で3,690円~、1日延びる毎に200~500円プラスとなっており、お届け、返却時の送料は無料です。

もちろん破損紛失時の保証もついています。

 

エース直営プロテカスーツケースレンタル

こちらはエース直営なのですべて日本製のスーツケースレンタルサービスで、

往復の送料無料、破損保証付き、荷物を出した状態でシールなどをきれいにはがさなくてもそのまま返却OKです。

料金はSサイズ5日間で4,300円~、Lサイズだと7日間で5,500円~となっています。

期間は5日、7日、10日、14日等のプランがありますが、規定プラン以外の日数でも1日あたり300円で延長出来るようです。

 

 

機内に持ち込める大きさは航空会社によって違う!

 

機内に持ち込める荷物にも勿論大きさと重さの制限があります。

各航空会社によって機種や込み具合等で変わってくることもありますが、基本的にはポケットや持ち手の部分を含めて幅40cm、高さ55cm、奥行25cm、3辺の和が115cm(100席未満の小型機の場合は幅35cm、高さ45cm、奥行20cm、3辺の和が100cm)以内のスーツケースで重さは10Kg以内であれば機内に持ち込むことが出来ます。

但し、エアアジアなどのLCCの場合ですと幅36cm、高さ56cm、奥行23cmで重さは7~10Kgとなっています。

この大きさを超えてしまうと預け荷物に変更しなければなりません。

 

JALの場合、特別旅客料金を支払えば持ち込めるようですが、基本的にこの規定を超えたものは機内には持ち込めないようです。

また、規定のサイズや重さを超過した預け荷物に関しては超過手荷物料金を支払わなければなりません。

あらかじめ重くなるのが判っているのであれば先に超過料金を支払っておいた方が安くなる場合もあります。

 

料金については航空会社や行先、超過の種類によって異なりますが、だいたい3,000円~です。

オーバーしたら一律いくらで徴収する会社もあれば、重さ1Kgにつきいくらと重さに比例して徴収される場合もあります。

 

自分の旅行スタイルに合わせたスーツケースを購入してもいいし、用途によってはレンタルをして楽しみながらスーツケースを使いたいですね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを書く







コメント内容


商品一覧