スポンサードリンク

 

Adobeとは、「Adobe Systems」の略称です。

 

Adobe Systemsは、アメリカに本社があるソフトウェア会社であり、

「Adobe」と名の付く多くのソフトウェアを開発・販売しています。

 

 

adobeとは?

代表的なものだと、

PDFを閲覧する時に使う「Adobe Reader

写真の加工などができる「Adobe Photshop Express

イラストを作成できる「Adobe Illustrator

高度なホームページ作成を可能とする「Adobe Dreamweaver

などがあります。

 

Adobeの公式サイトには、「Adobe Creative Cloud」というサービスがあります。

これは、期間を選択してソフトを購入することができる、便利な定額制サービスです。

個人向け、法人向けを始め、それぞれに最適なプランも揃っているので、自分に合ったお得な使い方を選べます。

短期間でも購入できるので、費用が少なくても安心です。

また、短期間ずつ、豊富なソフトをいろいろ試すことができるという魅力もあります。

 

公式サイトでは、サポートも充実していて、3種類の中から選択できます。

まずは、基本的な電話サポートと、より気軽に使えるチャットサポートです。

しかしこれらは、ソフトによっては対象外のものもあります。

そんな時は、もうひとつのサポートであるコミュニティフォーラムが便利です。

ここで質問すると、Adobeのスタッフや他のユーザーが回答してくれます。

どんなソフトにも24時間対応可能なので、困った時はいつでも質問してみましょう。

 

 

adobe flash playerとは?

Adobe Flash Playerは、Adobe Flashで作成した動画や音声を再生するためのソフトです。

Adobe Flashで作成されたものは、動画を使った広告や、YouTubeやニコニコ動画など、ネット上に多く存在しています。

そのため、アップデートの通知があった時などは、必ず行うようにしましょう。

 

このAdobe Flash Playerは、もとからPCに入っている場合も多いですが、もしなければ、公式のダウンロードページから、いつでもダウンロードできます。

方法はとても簡単で、「今すぐインストール」のボタンをクリックするだけです。

スポンサードリンク

ただし、インストールする前には、オプションのプログラムについて確認するようにしましょう。

これを見逃すと、必要ないものまでインストールされてしまいます。

 

そして、インストールした後は、常に最新の状態にアップデートすることが大切です。

バージョンが古くなると、動画を再生できなくなるだけでなく、ウイルスが侵入する危険もあります。

現在の状態は、アップデート通知の他にも、Adobe Flash Playerを開けば確認することができるので、ときどきチェックしておくとよいでしょう。

 

 

adobe acrobat readerとは?

Adobe Acrobat Reader DCは、Adobe Readerの後継となる、最新のソフトウェアです。

Adobe Readerは、PDF文書を閲覧する時に必要なソフトですが、その最新版であるこのソフトも、基本的な機能は同様となります。

旧バージョンとの違いは、「Adobe Document Cloud」というクラウドサービスとの連携により、複数のデバイス間でファイルの同期ができることです。

 

実は、Adobe Readerの以前のバージョンは、DCがつかない「Adobe Acrobat Reader」でした。

それがAdobe Readerになり、さらに2015年4月から、Adobe Document Cloudの公開に合わせて、Adobe Acrobat Reader DCになったのです。

 

このソフトは、Adobe Readerを更新した時に自動的に変更されていますが、公式のダウンロードページからでも、無料でダウンロードすることができます。

手順は、オプションを確認して必要なものを選択し、「今すぐインストール」をクリックするだけなので、とても簡単です。

ただし、もし旧バージョンのAdobe Readerが入っていた場合はインストールできないので、事前に確認してアンインストールしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを書く







コメント内容


商品一覧