スポンサードリンク

 

2015年7月29日に提供が開始されたWindows10はこれまでのWindowsとは違いが多くあります。

 

Windows8ではスタートボタンが廃止されて、今までずっとWindowsを使ってきたユーザーは最初戸惑ってしまったのではないでしょうか?

多くのスタートボタン復活を望む声が届いたのかWindows10ではスタートボタンが復活しました。

 

 

Windows10アップデート&ダウンロード方法!

Windows10のダウンロード方法として、Windows8や8.1を使われていた方は下の方にポップアップでWindows10へのアップグレードしてくださいと促されていたと思います。

通常であれば、そのポップアップをクリックすればあとは勝手にアップグレードしてくれます。

 

しかし、無償でのアップグレードが終わってしまった今、Windows10をダウンロードするのに一番ベターな方法は、家電量販店でWindowsソフトを買ってくることだと思います。

他にマイクロソフトのサイトにてダウンロードすることも可能です。

値段は1万円以上しますので結構な出費になりますので覚悟して下さい。

 

また、アップデートする際に確認していただきたいのが、パソコンの製造年月日で古い場合にはダウンロードして不具合を起こしても、保証されないことがありますので注意が必要です。

使用パソコンの容量の確認と時間がかなりかかりますので余裕をもって行ってください。

 

 

未だに無償でアップグレードできるって本当?

Windows10を提供し始めた2015年7月29日から一年間は無償でダウンロードしてアップグレードできるようになっていました。

Windows8や8.1を使っていた方は、パソコンを立ち上げる際にポップアップでWindows10のアップグレードの誘いが出ていたと思います。

 

そのWindows10への無償アップグレードも2016年7月29日をもって終了してしまいました。

なので、現在はWindows10へのアップグレードは有償になっています。

 

しかし、一度Windows10へアップデートしたけれども、不具合が多くてWindows8にダウングレードしたという方は、不具合が修正されてもう一度Windows10にアップグレードして戻したいというかたは無償でできるようです。

無償期間内に一度Windows10をダウンロードしたということが重要なようです。

 

ただ、ネットを見ていると期間が終了したにも関わらずWindows10へのアップグレードができた!という方を何人か見かけました。

アップグレードしていないという方や、忘れてて期間が過ぎてしまったという方はWindows10ソフトを購入する前に、一度無償アップグレードに挑戦してみましょう!

 

 

Windows10の新機能や評判は?

Windows8シリーズでは、スマートフォンに影響されすぎてスタートボタンを廃止してプログラムをアプリ風に表示したりと、新たなことに挑戦していましたが、ずっとWindowsを使用してきたユーザーには戸惑いも生まれました。

スポンサードリンク

そこでスタートボタンを復活させて、さらにWindows8でのアプリ風の表示と組み合わせることで非常に使いやすくなりました。

 

また、タブレットや2㏌1タイプのパソコンにも対応できるようにタブレットモードなども搭載しています。

今までMacではありましたが、Windowsになかった仮想デスクトップの新機能が追加され、大量ウィンドウを開いて収集がつかなくなるということが無くなりました。

Windows」+「Ctrl」+「←/→」でデスクトップ間を簡単に行き来できるので非常に便利だと思います。

 

初期のWindows10は不具合が多かったですが、修正された後はほとんどフリーズなどが無くなり快適に使うことができています。

Windows10はWindows7から8、8.1を寄り道して進化したような印象を受けます。

 

なので、Windows8や8.1を現在使っている方にはアップグレードをお勧めしたいと思います!

 

 

Windows10についてもっと深掘りしたい方におすすめの1冊!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを書く







コメント内容


商品一覧