スポンサードリンク

 

毎年、学生達の夏休みシーズンになると始まるのが、お台場フジテレビ主催のイベント。

お台場冒険王からはじまり合衆国、今年の2016年は『お台場みんなの夢大陸』が7/16〜8/31までの47日間で開催されてます!

料金も1DAYチケットが大人¥2000、子供¥1300で開催時間が10:00〜18:00(最終入場17:30)と1日遊べるのにこの価格帯は安い気がします。

 

居酒屋エグザイルは22:00まで開催していて18:00以降は大人¥1000、子供¥500で入れるみたい。

エリアがいくつかあり、フジテレビ本社は7Fの屋上庭園からスタート。

 

有名なオカレモンやコラボの飲食店がありチケットがなくても楽しめます。

22、24、25階エリアが1DAYチケットが必要で逃走中・戦闘中のミッションに挑戦できるブースやONE PIECE FILM GOLD FESTIVALのギャラリーなど室内でゆっくりと鑑賞できます。

 

居酒屋エグザイルPARKは食事スペースからグッズなどのコンテンツが多く、ステージも併設されているのでもしかしたらサプライズ登場でみられるかもしれませんね!

おすすめのエリアが『みんなのオマツリランド』でここは入場に1DAYチケットが必須ですので用意して下さいね!

 

このエリアは体感型のアトラクションが多く、子供から大人まで楽しめるコンテンツがぎっちり詰まってます。

キッズ用のキッズカート、都内の真ん中に現れたスノーガーデンで雪を楽しみながらクールダウンもできますし、ONE PIECEファンには堪らない展示やグッズ販売もあります。

中でも1番のおすすめスポット!ここに来る為に入場してもいいくらいです!

 

 

DMM.PLANETS

チームラボ史上最大規模の約3000㎡のデジタルアート作品で、4つのブースにわかれており、体ごとアート空間に入っていくような体験ができるアトラクション。

スポンサードリンク

ひざ下まで水に浸かるブースがあるので、入り口で裸足になり、携帯やカメラ以外の荷物を預けます。

 

まずは、『やわらかいブラックホール−あなたの身体は空間であり、空間は他者の身体である』は足下がビーズのクッションのようなもので上手く歩けません。身を任せて沈んでみると妙な落ち着きが得られます。

2つめは『Wander througt the Crystal Universe』2015年に銀座で展示した際の約6倍程度で鏡ばりの空間に無数なLEDライトで宇宙空間に来たような感覚になり、自身のスマートフォンを使い出現するクリスタルユニバースを鑑賞だけでなく、創っていけます。

 

3つめは『人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング−infinity』今回の新作です。ひざ下まで張った水面に色鮮やかなデジタルの鯉が泳いでおり、その鯉とぶつかる事によって花に変化します。

鑑賞者の影響を受けるので描かれた描写は2度と同じものはなく、デジタルとアナログの融合を強く感じました。

 

最後は『Floating in the Falling Universe of Flowers』1年の花々が時間の経過と共に変化しながらドーム型の空間に広がっている。

こちらもスマートフォンを利用して蝶を選択し、空間に投げ込む事もでき飽きさせません!

 

何時間でもいさせてくれる異空間!外に出た世界とのギャップが凄いので要注意です!

お台場みんなの夢大陸に訪れた際は是非、1度足を運んでみて下さい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを書く







コメント内容


商品一覧