野菜を摂ろうと思ってもなかなか生活に取り入れるのは難しいですよね。

 

サブウェイの売りはなんといっても、ファストフードなのに野菜たっぷりなサンドイッチです。

「注文が難しそう」という印象を持ってつい足が遠のいてしまう方も、安く野菜がしっかり食べられるサブウェイを楽しんでみませんか?

 

おすすめのメニュー&カスタマイズは?

メニューさえ決めてしまえば、あとは店員さんが丁寧にパンの種類や好みの野菜を聞いてくれるのでそれに答えるだけで自分好みのサンドイッチが出来上がります。

そのサブウェイの顔と言ってもいいのが「えびアボカド」です。
ぷりぷりとしたえびの食感とクリーミーなアボカドの相性は抜群で、女性にも大人気なこのメニュー。

野菜クリーミードレッシング」が定番ですが、「わさび醤油ソース」のピリリとした刺激も捨てがたく、いつでもさっぱりと食べられるのもいいですね。

 

がっつり食べたい食欲を満たしてくれるメニューは「炭火てり焼きチキン」です。

空腹にガツンと効く肉厚でジューシーな鶏もも肉が甘辛のてり焼きソースと絡み食欲をそそります。

ここにカスタマイズで「たまご」をトッピングするとさらにボリューム満点になった炭火てり焼きチキンが楽しめます。

 

こちらの定番ドレッシングは「マヨネーズ」。

野菜多めで注文してもてり焼きソースとマヨネーズで最後までおいしく食べられるのもおすすめの点です。

 

 

モーニング、日替わりはあるの?

サブウェイにはモーニングがあります。

店がオープンしてから朝の10:30まで注文できる「サブモーニングセット」は、レギュラーサイズの2分の1サイズのサンドイッチとお好きなドリンクのセットです。

サブウェイのサンドイッチはかなりボリュームがありますが、こちらは半分なので朝にうれしいお手軽サイズなモーニングです。

パンの種類はフラットブレッドの1種類ですが、こちらのパンは薄い生地ですがずっしりしていて食べごたえがあります。

 

サブウェイで唯一困るのが食べている時に野菜がポロポロ落ちてきてしまうこと。

フラットブレッドだとしっかり野菜が挟めるので、うっかり服を汚してしまうなんて心配もありません。

モーニングは「ハム&チーズ」「チーズローストチキン」「たまご」の3種類から選べ、どれも290円というお手頃な価格になっています。

 

毎日サブウェイを利用している方の中には簡単に日替わりセットを注文している人も多いのではないでしょうか?

サブウェイの日替わりセットは3種類あります。

Aセット 日替わりサンドイッチ+ドリンク(S) 500円(税込)

Bセット 日替わりサンドイッチ+オーブンポテト(S) 500円(税込)

Cセット 日替わりサンドイッチ+ドリンク(S)+オーブンポテト(S) 660円(税込)

もちろん単品でも注文でき、単品の場合は340円になっています。

月曜日 ハム
火曜日 たまご
水曜日 ローストチキン
木曜日 ツナ
金曜日 BLT
土曜日 ツナ
日曜日 たまご

日替わりサンドイッチの注文は多く、店員さんも慣れているため、急いでいる時は日替わりを注文して早く食事を済ませられるのもありがたいですね。

もちろん日替わりでも野菜の増減やトッピングは可能です。

 

 

お得なアプリ、クーポン情報!

メール会員になるとお得な割引サービスや最新情報を利用できます。

特にサンドイッチとドリングのセット割引などのクーポンメールが週に1~2回の頻度で来ますので、ぜひお得に利用したいですね。

新規会員の登録は、公式サイトからアクセスしていつでも簡単に登録できます。

 

サブウェイを利用する上で見逃せないのは「サブクラブカード」です。

このカードは登録、手続き、個人情報などの入力は一切不要で簡単につくることができ、カウンターでカードを受け取り、チャージするだけですぐに利用可能です。

 

1000円からチャージでき、限度額は20,000円までとなっています。
細かい金銭のやり取りがスマートになるというだけではありません。

 

サブクラブカードで支払うことで、100円以上の利用で1%分がポイントとして加算され、10ポイント貯まると10円分としてチャージすることができます。

 

合わせてメール会員となることでもらえるポイントが2倍になり、もっとお得にサブウェイが楽しめるようになるので、メール会員になってカードを作るのがおすすめです。

 

さらに「5」がつく日はポイントが5倍です。
つまり5日・15日・25日にメール会員でカードを持っているとさらにお得になるんです。

 

なんとなく会員やカード会員になっていない方も登録するだけでポイントがどんどんたまっていくので、ぜひサブクラブカードでお得にサブウェイを味わいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを書く







コメント内容


商品一覧