スポンサードリンク

定形外郵便はどのような特徴があるの?

定型外郵便は、通常の郵便と同じように発送できるサービスのひとつです。

書類を始め、荷物なども定型外郵便のサービスを使って発送できるため、様々な場面で役に立てることが可能です。

発送できる荷物には基本的に制限はありませんが、危険物などは発送できないように制度が決められています。

 

定型外郵便で荷物を発送する際には、何らかの形で送るものを梱包することが必要不可欠になると言えるでしょう。

この場合には、封筒に入れたり、段ボールなどの梱包の方法をとったりするなど基本的に自由に梱包する方法が選択できる点も特徴です。

荷物が配送中に開かないように密閉することを実現させることで、問題なく配送できる可能性は非常に高くなるのではないかと思います。

発送の方法としては、ポストに入るサイズのものである場合には、投函することができます。

 

また、郵便局の窓口で定型外郵便での発想の旨を伝えて送る方法もあり、この発送の行い方が最も多く実現されているのではないでしょうか。

発送の方法は簡単なものであるため、どんな荷物でもスムーズに配送してもらうことができるのではないかと認識されています。

様々な目的や理由によって定形外を使う人も散見されているのではないでしょうか。

 

 

定形外郵便のサイズ、料金について。

定型外郵便のサイズは、3辺のトータルの長さが90cm以内で、なおかつ1辺の最大の長さが60cm以内と決められており、重さの制限は4kg以内に指定されています。

料金は重さによって異なり、最も安い料金は50g以内で120円です。100g以内の荷物は140円、150g以内である場合には205円500g以内は400円1kg以内の荷物は600円で発送することが可能です。

 

また、1kg以上の荷物を発送する場合には、2kg以内で870円4kg以内では1180円で発送を依頼することが可能となります。

このようにして、定型外郵便で荷物を発送したい場合には、重さに応じて運賃が変動する仕組みがあるため、あらかじめ発送時の料金把握したい場合には重さを計測することが肝心になるのではないかと思います。

スポンサードリンク

サイズや重さなどの制限をクリアしていれば、所定の料金で郵送できるため、安心できるシステムになっていると言えるでしょう。

 

この料金設定は、全国どこでも一緒であり、遠隔地に発送する際にも同じ料金で郵送することが可能です。

そのため、発送する場所の距離を考えることなく、荷物の重さや大きさのみを考慮するだけでも問題なく発送できるのではないでしょうか。

 

ゆうパックと定形外の違いや使い分け方法!

ゆうパックと定形外郵便では、異なる点が複数存在します。

ゆうパックは指定されたサイズごとに運賃が異なり、なおかつ発送するエリアによって運賃が更に変動する仕組みがとられています。

 

定型外郵便では大きさと重さの規定をクリアすれば運賃は統一されているため、どちらが発送時に安くなるかがケースバイケースで異なっていくと考えられています。

少しでも安い料金で郵送したい場合には、事前に比較しておくことが望ましいのではないかと思います。

基本的には定形外が安くなる傾向にありますが、重さや距離に応じて変動する可能性があります。

 

ゆうパックは定型外郵便に比べて運賃が高くなることが多いと考えられているものの、ゆうパックには追跡番号の発行や損害賠償への対応が仕組みとして組み込まれています。

定型外郵便にはこの制度がないため、確実に荷物を相手に届けたいと希望する場合には、ゆうパックを選ぶことが望ましいと言えるでしょう。

このような違いがあるため、低料金で発送することを希望する際には定型外郵便を選び、確実に荷物を相手の手元に届けたいと希望する際にはゆうパックを選ぶことで、発送手段の使い分けをすることがベストになるのではないでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを書く







コメント内容


商品一覧