どこの家電量販店に行っても見かけることが多いです。

 

ここまでデザイン性と機能性に優れた商品は他にないといっても過言ではないダイソン!

人気の秘訣はどこにあるのでしょうか。

 

表参道にあるフラッグシップショップは空間もスタイリッシュで美術館にきた気分になります!

 

 

定番コードレス掃除機はこれだ!

ダイソンの定番コードレス掃除機といえば、V6シリーズやDC62といった商品に人気が集まります。

種類も豊富で選ぶ楽しみもあり、用途で使い分けることもできます。

しかし詳しくない人達からしたら「何が違うの?」「あまり変わらないなら安い方がいい」と思うことでしょう。

もっともですが、掃除機のように毎日使うものは、やはり「良いもの」を選んだ方が掃除の時間の短縮にもつながり、きれいに仕上げると充実感も出てきます。

 

V6シリーズといえばフラフィ、アニマルプロ、モーターヘッドなどがあります。DC62との大きな違いと特徴を取り上げていきます。

まずはフラフィです、

「ソフトローラークリーナーヘッド」という機能性抜群のヘッドを搭載しています。

この機能の素晴らしい点は、ゴミの大きさに合わせて吸い込むということです。大小様々なゴミを吸い込むこの機能で、吸い残しを無くせます。

 

次にアニマルプロです、「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」というナンバーワンの吸引力が特徴です。

ペットのいる家庭では普通の家庭より、労力がかかりますね。

しかし、この掃除機があれば埃や、ペットの毛を自慢の吸引力ですぐ解決できます。

 

このような高機能のクリーナーヘッドだけでなく「ポストモーターフィルター」という高性能の排気フィルターも搭載されています。

これは「空気清浄機」と同じと呼べるほどの性能で、花粉やハウスダストを防ぐ力があります。

 

 

置いてあるだけでスタイリッシュな扇風機!

時期的にそろそろ必要な家電といえば「扇風機」ですね。

ダイソンの扇風機といえば、もはや定番とも呼べる「羽の無い扇風機」です。

 

見た目のスタイリッシュでオシャレな雰囲気はオブジェとしても使用できるレベルです。

羽の無いことから小さなお子様がいる家庭でも安心して使用できます。

さらに見た目以上に進化しているのはその性能です。扇風機といえば音が気になりますが、現在のモデルでは最大で75パーセントも静かになり、そして電力も最大40パーセント省エネになります。

 

「エアマルチブライアー」という機能により、パワフルで十分な量の風をスムーズに出すのだから画期的です。

また空気清浄機の機能がついたモデルなどもあり、これからどこまで進化していくか楽しみな「扇風機」です。
様々な高機能の扇風機ですが、特にオススメな商品が「AM06テーブルファン」です。

価格は4万円台とリーズナブルでいながら、性能とオシャレなデザインはとても魅力的です。

 

「AM07タワーファン」に比べ小さいながらも、性能では見劣りしません。そのサイズ感がデザイン性という面ではより高い評価を受けるほどです。

部屋をオシャレに整える人にはぴったりで、お客を招くと評価も上がりそうな商品です。

 

 

デザインだけじゃない!機能も凄いドライヤー

昨年話題になったダイソンのドライヤー「スーパーソニック」。

これは近未来的で圧倒的なデザインです。

 

性能という面でも風量が多く、音が小さく、熱すぎないという特徴があります。

お値段が少し張りますが、その分の価値は大いにあり、全体的に常識を変えるドライヤーという表現がぴったりな商品です。

 

オシャレなデザインにばかり目が行きがちですが、シンプルな操作性で扱いやすいドライヤーです。

4段階の風温調整機能と3段階の風速調整機能という細かな調整を、たった4つのボタンで操作を可能にしています。

サイズは245、78、97ミリ(高さ、幅、奥行き)と非常にスリムで、重さは618グラムと持ち運びの可能なボディです。

付属品として、様々なヘアスタイルの実現が可能な「スムージングノズル」、「スタイリングコンセントレーター」、「ディフューザー」があり、パーマの持続やブローを快適にすることができます。

img_2878

さらに、マイナスイオンは当然ながら、温風を毎秒20回測定する機能で髪にとっても安全な温度を保ち続け、痛みを防ぎ、ツヤ感の高い髪を維持することができます。
デザイン性という面でも斬新な見た目だけではありません。

 

今までの常識であったヘッド部分のモーターをハンドル部分に収めるといったことで、バランスを重視した設計になっています。

そのデザインだけで部屋の雰囲気もスタイリッシュになり、機能性も優れている商品はダイソンだけでしょう!

コードレス掃除機を探しているならこちらから!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを書く







コメント内容


商品一覧