スポンサードリンク

Huawei(日本語だとファーウェイと読みます)は、中国で設立されたネットワーク事業を中心にICTソリューションを展開する企業です。
ICTソリューションの展開と書くと難しいですが、身近なところで言うと、スマホやタブレットなどを製造している会社です。

ちなみに世界のスマホ市場ではサムソン・アップルについで第3位のシェアを持っており、世界的には有名な企業なのです。

 

 

「Huawei Japanってなに?」

Huawei Japanは、ファーウェイの日本法人になります。
日本語表記だと「華為技術日本株式会社」と書くので、漢字のほうが見たことがある人は多いかもしれません。
日本のスマホ市場はiPhoneや国内メーカーがシェアの大半を占めているため、ファーウェイのシェアや認知度はまだまだ低いのが実情です。
ただ、製品はたくさんだしており、ファーウェイ製だと気づかない人が多いですが、実はドコモのキッズケータイ(HWと型番についているもの)や、ドコッチ、そしてdTabは、ファーウェイ製です。
世界的なシェアが第3位だとあって、性能はもちろんですが、価格的に割と安価な製品が多いので、日本のケータイ会社もファーウェイ製品を扱っています。
また、スマホ以外でも企業向けにルータやスイッチと呼ばれるネットワーク製品や、通信事業者向けのネットワーク製品も扱っています。

 

 

Huawei人気のスマホ機種

ファーウェイのスマホ(SIMフリー)は、

「HUAWEI Mate」

「HUAWEI P」

「HUAWEI nova」

の3つのシリーズがあります。

ちなみにMateが最上級機種でPシリーズは、中間的な位置付け、novaはエントリーモデルになります。

一番人気なのは、発売が最近のHUAWEI novaシリーズになります。
エントリーモデルのため、価格も安価。nova liteの場合は、2万円代。
普通のnovaでも3万円代とかなり魅力的な価格になっています。

nova liteは、画面サイズが5.2インチ(ちなみにiPhone7は4.7インチ)なので多少大きめ。
内蔵メモリは16GBなのでちょっと物足りないですが、microSDXCが最大128GBまでなので問題ないでしょう。

カメラも1,200万画素とiPhone7と同スペック。指紋認証機能もついており、デュアルSIM対応となっています。

他にも、「GR5」「P9」「P9lite」「honor8」などがあります。

 

タブレットも数種類だしていますが、1番人気はMediaPad T2 8 Pro。
Wi-FIモデルと、LTEモデルの2種類があり、どちらも2万円程度でかなり安いです。

スポンサードリンク

画面サイズは、8インチと最近でたiPad(9.7インチ)と比較すると小さめですが、携帯性を考えるとちょうどよい大きさ。
内蔵メモリは、16GBですが、スマホと同様microSDが最大128GB搭載できます。
背面カメラは800万画素とこちらもiPadと同スペックになっています。

 

スマホやタブレットの価格を見るとおり、Appleやサムソンと違い安価な路線がファーウェイの売りとなっています。
(スマホの最上級モデルでも5万円代からということでかなり安価)
先ほども書きましたが、スマホは、最上級モデルでも5万円代。

エントリーモデルは2万円代からとなっています。
タブレットは、1万円代から5万円代。メインは2万円の機種が多くなっています。

 

 

「ショップやサポートってどうなの?」

商品の購入は、オンラインがメイン。

(公式サイトからは楽天のファーウェイ公式ショップにリンクが貼られています)
またサポートもオンラインからになっていますが、メールやチャット、電話はもちろんですが、今はやりのLINEでのサポートもあるためサポート面は充実しています。

 

実際の店舗は、昨年3月に東京は銀座店、今年2月に大阪梅田店がオープンしています。
ファーウェイが日本で発売している全SIMフリー製品(スマホからタブレット、ウェアラブルデバイス、WiFiルーターまで)が実際に展示されているので、手にとって商品を見て見たいという人はぜひ行ってみるとよいでしょう。

ただし、スペースはそれほど大きくないですが、スタッフの方も常駐しているので、対面でアフターサポートを受けたい、という人はこちらでサポートを受けることができます。

なお、銀座店は20時まで(受付は19時半まで)やっているので、会社帰りとかにも寄れるため便利です。また、土日・祭日もやっていますが、やはり混雑するようです。

 

サポート面での評判ですが、スタッフにムラがあるようで、日本企業並みのサポートを期待するとがっかりする場合もあるようですが、対応はいいみたいです。

興味があれば一度、店舗に訪れてみてはいかがでしょうか?

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを書く







コメント内容


商品一覧