歌舞伎や狂言、落語、、、など日本が誇る文化も多数ある中の一つに宝塚歌劇団があります。

 

その名は聞いたことがないくらい有名だけど、見たことがない方も多いはず。

私のイメージはチケットがとても高そう、でしたが、調べてみると席によってはリーズナブルで購入方法も簡単でした。

 

宝塚歌劇団のチケットをとろう!

c1b62c6d6e446d7e2ab7eab438fa0cdc_s

宝塚歌劇団のチケットは、オンラインや劇場窓口で購入することが出来ます。

オンラインで購入するためには、オフィシャルファンクラブ「宝塚友の会」への会員登録が必要です。

入会金は1,000円、年会費は2,500円で、この他にカード年会費などが必要になる場合もあります。

「宝塚友の会」会員になることで、一般への販売より先行して購入と会員価格の割引購入が可能になります。

抽選申し込みと先着順申し込みがありますが、先着順方式は会員先行販売で抽選申し込みが行われた後です。

宝塚友の会に入会せずに購入する方法として、各プレイガイドのホームページからオンライン購入などがあります。

会員先行販売の後なので、希望の席が取れる確率が下がることは避けられません。

電話で予約購入、劇場窓口で直接購入、ファンクラブから購入、その他に正規販売によらない方法も存在します。

希望の席を獲得する確率を高めるためには、先行販売のある「宝塚友の会」会員になるのが無難なようです。

「宝塚友の会」の詳細についてはオフィシャルwebサイトの下段メニュー「宝塚友の会」から詳細を確認可能です。

チケット価格は、宝塚大劇場SS席が12,000円、S席が8,300円、A席が5,500円、B席が3,500円です。

新人公演はその半額くらいになり、宝塚大劇場SS席が5,200円、S席が4,100円、A席が3,000円、B席が2,500円です。

東京宝塚劇場では、S席が8,800円以外は宝塚大劇場と同じ価格です。

東京宝塚劇場での新人公演は、B席が2,000円以外は、宝塚大劇場の新人公演と同じ価格です。

当日販売のチケットとして当日B席と立ち見席もあります。

宝塚大劇場の当日B席は二階B席最後列となり2,000円(新人公演1,500円)、立ち見席は一階最後列なので2,500円です。

東京宝塚劇場の当日B席は二階B席最後列となり2,500円、立ち見席は1,500円です。

 

 

宝塚歌劇団のブログがある!?

宝塚歌劇団公式ホームページは検索するとすぐ見つかるほど有名で、アドレスはkageki.hankyu.co.jpです。

各種最新情報や公演予定、所属するスターや販売される関連商品についての公式情報を知ることができます。

英語と中国語にも対応していて、世界的な規模でファン層があることを伺い知れます。

ホームページのデザインが華やか過ぎて調べる内容を忘れてしまいそうな方は、サイトマップから情報をたどれます。

サイトマップは簡潔な表記に終始しているので、欲しい情報だけを検索することが出来ます。

公式ホームページ以外にも、ファン層によって多くのサイトがインターネット上に構築されています。

宝塚を構成する6つの組や所属するスターを主題とした、熱狂的な支持と愛が綴られています。

宝塚の絢爛豪華なイメージに追随するように明るく華やかなイメージのサイトが多いです。

公演が行われた時期などには特に頻繁に更新され、サイト主の観劇感想や報告など観客独自の目線による情報が得られます。

肖像権などを配慮してか画像は少ない傾向にあるようですが、CMに使用された画像などはたまに見かけられます。

男性ファンを対象としたブログなど、多種多様なサイトが存在しています。

 

 

宝塚歌劇団の組って何種類ある?

宝塚歌劇団には、花・月・雪・星・宙(そら)の5つの組と専科があります。

専科は5つの組のどれにも所属しない団員で、必要に応じて各組の公演に特別出演として加わります。

宝塚音楽学校を卒業後、宝塚歌劇団に入団が認められ研究科1年生になり、初舞台公演を終えて組配属が決定します。

各組の組長が組全体を公演・練習・私生活など公私にわたって統括管理する役割を負います。

組長には統率力と経験が必要なので通例、最年長者が就く傾向にあります。

補佐・緊急時の代理として副組長という役職もあります。

スターシステムとよばれる序列が存在し、男役の最高位が主演男優またはトップスターと呼称されます。

トップスターの相手役は主演娘役、トップ娘役と呼称されます。

ヒロイン役を演じた場合でもトップ娘役でないこともあります。

1921年に花組と月組が出来たのは、公演数と生徒数の増加が理由です。

1924年には雪組、1933年には星組、1998年に宙組が創設されました。

組の名称の由来は、雪月花という言葉や公募の結果などです。

イメージカラーはそれぞれ花(赤、ピンク)、月(黄色)、雪(緑)、星(青)、宙(紫)、専科(黒、グレー)です。

組の特徴や所属スターの得意分野を評して、「ダンスの花組」「芝居の月組」「日本物の雪組」と呼ばれた歴史もあります。

 

 

忙しくて劇場に行けない人は自宅でも宝塚の世界観が楽しめる1枚!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

THE SCARLET PIMPERNEL Blu-ray BOX【Blu-ray】
価格:18000円(税込、送料無料) (2017/7/21時点)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを書く







コメント内容


商品一覧