スポンサードリンク

SIMフリーって何がお得なの?

 

大手携帯会社もSIMロック解除など、格安のキャリアを含めて今年の下半期はSIMフリー商戦といっても過言ではないでしょう!

そもそもSIMフリーって何?

SIMカードという電話番号を特定する為の固有のID番号が記録された携帯やスマートフォンが通信するために必要なICカードがあります。

形状は端末によって違うので確認してください。標準SIM、microSIM、nanoSIMなど。

国内のキャリア(主にdocomo、AU、softbank)で販売されている機種はSIMにロックがされており、そのロックを解除したり掛かってない端末のことです。

2015年の5月以降に販売された機種は一定期間を経ればSIMロックを解除しなければいけない義務が課せられました。

携帯電話事業に参入しやすいように総務省が大手キャリアに対して他社に回線を貸すように指示し回線を間借りしてユーザーに提供するMVNOが誕生して、ここ3年で3倍以上と契約が増えています。

キャリアとSIMフリーのメリット&デメリット

キャリアのメリット

・機種本体代金を一括で払わないでいいのは最大のメリット

・実質0円などのサービスも未だに多くTwitterなどで検索して代理店に行けば思わぬ金額での契約もできる

・保証などがとても手厚くて実店舗も多いのであまり詳しくないユーザーや年配の方は持ち込みでのサービスを受けられる

スポンサードリンク

デメリット

・キャリアは基本的に「2年縛りで契約してくれる場合に購入にかかる費用を一部負担してくれる」のですが2年以内に解約する場合は残金(残りの端末代+違約金の¥9500を支払う事になります。

・自動更新のシステムなので、本体の端末料金が支払い完了していても2年の区切り(前後1ヶ月程度)で解約しないと違約金の¥9500が発生します。

・プランやオプションが複雑で月額の使用料金が高いのも気になる所です。

SIMフリーのメリット

・大手キャリアの様な縛りがないので2年以内でも好きな時に機種変更が可能

・料金プランがシンプルでとても安い

・MNPの利用で番号はそのまま変更できる

・LTEも変わらず使用が可能

デメリット

・通信料に制限がある

・まだ知名度が少なく大手3キャリアと比べると不安

・無料通話などのプランがない

・通信速度が遅い

・大手キャリアのようなサポートはない

ざっくり見比べるとこんな感じですが、SIMフリーでも格安の端末があったり、通信速度や通信料の制限もYouTubeなど動画サイトを閲覧しなければ特に気になる所ではない。

最近は大手の企業(DMM、楽天、OCNなど)もどんどん参入してきているし、通話はLINEや通話アプリを使用すれば問題ないので携帯料金に不満がある人は変えない手はないと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを書く







コメント内容


商品一覧